KRJPCNEN
投資ホットライン:400-6629-211

パークへ

  天津E‐コマース産業園区(英語名:Tianjin E-commerce Industrial Park。英語略語がTEIPで、中国語で電商園と略称する)は2009年天津市人民政府の認可を経て設立した省市レベル開発区で、国家経済特区の優遇政策を享受する対外開発区域である。これまで9.87平方キロメートルが整備済みで、長期的な計画総面積は52.11平方キロメートルとなる。総合工業エリア、E‐コマースエリア、創意産業エリア、総合保税エリア、濱河団地エリア、情報交換エリア、配送加工エリア及びビジネスエリアに分かれている。五年の開発建設を経って、園区は基本的にE‐コマース、文化創意と倉庫物流産業基礎ができました。誘致資金規模と密度は天津開発区の上位に置かれ、2014年末時点で進駐企業が計541社で、外資誘致が計2億米ドルで、実質ベース外資利用額が1億米ドルとなっている。当年の工業総生産高が80億元で、地区生産高21億元、税収収入4億元を計上し、各項目の経済指標も天津市区県開発区トップに置かれている。

  ここに多くのE‐コマース企業が集まり、そのうち京東商城会社、唯品会会社、酒仙会社など国内外上場会社8社あり、協議した投資総額は100億元を超える。企業数量も品質も華北地区の上位に置かれ、主要経済指標は年率50%以上の伸び率で推移し、国内で最も活発的で最も注目される発展区域の一つとなっている。

  園区の発展は科学的な開発理念と持続可能な開発戦略を堅持していて、「一度の科学的な企画、適時に一歩一歩に実施する」という原則により、十分に資源の優勢を発揮し、企画を合理的にし、レイアウトを科学的にする。「産業プロジェクト一体化、環境保護一体化、公用工事一体化、物流配送一体化、管理サービス一体化」という五つの「一体化」理念により、プロジェクト集約、専業集成、投資集中、統一整備と統一排出の建設と管理モードを採用する。持続可能な発展観念とリサイクル経済理論を園区の企画建設に通貫させ、生産と生態のバランスが取れ、発展と環境の調和が取れるE‐コマース産業園区を建設させる。