KRJPCNEN
投資ホットライン:400-6629-211

我園は天津E‐コマースモデル基地が認定された

  「中国北部最大、性能完全のE‐コマースモデル拠点を建設になる」。この頃、天津市武清区に置いての天津E‐コマース産業園(英語名:Tianjin E-commerce Industrial Park)は飛躍的な発展を実現するーー厳しい考察の上、園区は天津市人民政府の認可された省市レベルE‐コマースモデル拠点に変身した。

  天津E‐コマース産業園は北京市内まで71キロメートル、天津市内まで22キロメートル、北京ー天津高鉄武清駅まで15キロメートルである。周囲は海運、航空、鉄道が発達して、高速道路6本、出入口13個が有り、そして建設中の唐廊高速1本がある。

  産業園の計画総面積は52.11平方キロメートルとなる。総合工業エリア、E‐コマースエリア、創意産業エリア、総合保税エリア、濱河団地エリア、情報交換エリア、配送加工エリア及びビジネスエリアに分かれている。スタートエリアの計画総面積は9.87平方キロメートルとなる。現在、E‐コマースエリア、総合工業エリア、ビジネスエリアを建てられた。園区は国家レベル産業園標準を基づいて建設して、「十一通一平」を達した。園区は「サービスを提供し、自分の発展を促進し」の理念を守って、投資企業に発展プラットフォーム及びワンストップサービスを提供する。

  産業園では620畆のE‐コマースコアエリアが有り、中小型E‐コマース企業倉庫、金融決算、物流配送、税関商検、データセンター、コーリングセンター、高級マンション及び娯楽施設を含めている。E‐コマース企業に対して、「チェクイン」入園を実現した。その他、小零細企業に向け、保育器ビルも準備し、トレニングエリアとァ≌ライン体験センターを利用できる。

  現在、多くのE‐コマース企業が集まり、京東商城、唯品会、酒仙網、楽蜂網、校粧網、去哪児網などの中国有名E‐コマース企業及び知美中国、鳳凰新メディア、欧時力、依文グループなど500余社会社はここに進出した。

  「天津市E‐コマース産業推進三年行動計画(2014-2016年)」、「天津市商務委員会導入育成知名E‐コマース企業及びE‐コマース応用三年行動案(2014-2016年)」を基づいて、2014年3月から、天津市商務委員会は天津市E‐コマースモデル拠点認定を始まり、公開、公正、公平原則の下、自主申告、初公判推薦、専門家審査、最終的に天津市E‐コマース産業園は天津E‐コマースモデル拠点が認定された。